和食を楽しむ

和食は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録され、世界的に人気の高い料理の一つです。
和食が他の料理と違い、これだけの人気を集める理由はその独自性と限定性にあるのではないでしょうか。
見た目の美しさを追求して調理する。その季節に一番おいしい食材、その季節しか食べられない食材が季節ごとにあり、一年を通して旬の味を楽しめる。さらに一汁三菜を基本とし、一度の食事でバランスの良い栄養を摂取しようとする健康意識の高さがそうなのではないのでしょうか。

外国人に喜ばれる一方で、私たち日本人から見ても和食は上品で高級感を味わえるものです。見た目も美しく盛り付けられたその料理は、よりたくさん食べたいという願望を忘れさせ、その料理をじっくりと味わうということの意義を教えてくれます。

そんな和食は居酒屋などでの接待でも人気。
御茶ノ水にある「創作 葉月」では、旬の味を楽しむことが出来ます。
出汁にくぐらせることにより、脂がとけて柔らかみが増す、マグロの中トロのしゃぶしゃぶや、旬菜と鮮魚の天ぷら、厚切りの牛タンの炙りなど様々な味をゆったりと個室で楽しむことが出来ます。


また、日本酒や焼酎にもこだわり、人気の銘柄から都内では中々出会えない珍しい銘柄まで揃っており、お酒に合わせて料理を選ぶという楽しみ方も。

今一度、和食を見直して、その素晴らしさを体感してみてくださいね。