インドの屋台の味を日本でも…

インド駐在中は、接待、ボランティア、他に現地のオーケストラにも入っていたので、
多忙な毎日を送っていました。
メイドがいても決して優雅ではないマダムの生活(笑)。

時々、お昼を食べる時間が惜しくて、道端の屋台でカレーを食べていました。

庶民の食べるカレーは、一番贅沢なのがゆで玉子入り。
次は、豆のカレー。
腹ペコで頬張った忘れられない味です。
ここでは、気軽に手に入る、大豆の水煮缶で作ります。

【材料】
大豆の水煮 缶の水を切って250g
トマト缶     1缶
にんにく     1片をみじん切り
玉ねぎ      1/2みじん切り
バター     50g
ターメリック  小さじ1/2
カイエヌペッパー 少々
クミンシード   小さじ1/2
香菜       少々 みじんぎり

【作り方】4人分
1. 鍋にサラダ油を入れ、にんにく、ターメリック、カイエヌペッパーと、
大豆を入れて、さっと炒める。水3カップを入れて、弱火にして15分ほど煮る。
2. フライパンに、バターを入れて熱し、クミンシーを良い香りがするまで炒める。クミンシードが泡だったら、玉ねぎを入れて、色が変わるまで炒める。
3. 2 を 1に加える。トマトの水煮缶を入れて、塩少々で味付けをして、10分ほど煮込む。
4. 盛り付けたら、香菜を乗せる。

日本で手に入る材料で、かなり本格的な味になりますよ!
皆さんも、是非お試しください。